NTTロジスコ

NTTロジスコについてCorporate Profile

NTTロジスコの由来

株式会社エヌ・ティ・ティロジスコ(以下「NTTロジスコ」)は、日本電信電話株式会社(以下「NTT」)100%出資のNTTグループ会社です。

1991年11月にNTT-PD企画株式会社として設立され、1994年4月にNTT物流部から人員及び資産を承継してNTTグループ唯一の総合ロジスティクス企業として誕生し、LOGistics Integration Service with COmmunicationから、それぞれ単語の一部をとって「NTT LOGISCO」と命名されました。

“コミュニケーションをキーに、NTTグループが持つ情報通信技術とロジスティクス・エンジニアリングを統合したサービスと、複数のお客様のロジスティクスに横串を通し統合するサービスの提供で、お客様と信頼関係を築ける最高のビジネスパートナーになる”という志が込められています。

NTTロジスコは会社設立時の矜持を胸に、顧客中心主義の「一流の3PL企業」を目指し、LOGISCO One Teamで全社一丸となって日々前進しています。

NTTロジスコの
一流の3PLサービス

NTTロジスコはNTTグループの情報技術力を活かした安心の物流システムと
最適なSCM(サプライチェーン・マネジメント)でお客様に一流の3PLを提供します。

「コスト削減とゲインシェアリング」「最適な物流システムを構築」「全体最適のあるべきSCMへのコンサルティング」
「お客様に感動していただける物流現場のオペレーション」「環境変化を先取り」で
一流の3PLサービスを実現します。

NTTロジスコ 一流の3PLの要件

  • 1
    コスト削減とゲインシェアリング

    NTTロジスコはお客様のロジスティクス企画管理部門の立場に立ってサプライチェーンを俯瞰し最も効率的で合理的な物流システムを提案します。
    3PL会社の減収にもなり得る物流量の削減や「お客様のコス ト削減(=お客様の利益増)」にも積極的に取り組み達成された成果を配分するゲインシェアリングを通じてお客様とWin-Winの関係を構築します。

  • 2
    最適な物流システムを構築

    NTTロジスコは、お客様の物流に関する課題やご要望に沿った拠点の配置、輸配送ネットワークの手配、マテリアル・ハンドリング(マテハン:自動化設備)設計及び業務設計等、最適な物流システムを構築します。
    お客様の物流を定量的に見える化、シミュレーションツールによる評価に基づいた物流設計、豊富な経験とノウハウを結集した物流情報システム、NTTグループと連携したIoTやAI等の新技術、最新鋭のマテリアル・ハンドリング(マテハン)の導入、ロボティクスによるオペレーションの自動化で、お客様に最適な物流プランをご提案します。

  • 3
    全体最適のあるべきSCMへの
    コンサルティング

    NTTロジスコは、お客様のお客様(Customer’s Customer)とお客様の競合(Customer’s Competitor)を意識し、お客様の属する業界の慣習や特性を考慮した、サプライチェーン・マネジメント(SCM)で、最適な物流プランを提案します。
    また、物流の視点から在庫管理を含めたプロセス全体の効率化と最適化、本来あるべきSCMへの改善コンサルティングで、お客様と一体となって改革・改善の実行に取り組みます。

  • 4
    お客様に感動していただける
    物流現場のオペレーション

    NTTロジスコでは、トヨタ生産方式(TPS)をベースにした「LGPS」(LOGISCO Production System:ロジスコ生産法式)に基づくオペレーションにより、お客様に高品質な物流サービスを提供します。
    LGPSに則ったオペレーションにより、作業開始から終了までのリードタイムを短縮し、停滞のないスムーズな物流を実現することで、「品質が上がれば、コストは下がる」ことを立証します。
    お客様に“ご満足”いただくのは当然のこと、満足を超えて“感動”していただける物流現場のオペレーションを提供するのが、NTTロジスコの3PLの要件です。

  • 5
    環境変化を先取り

    労働集約型である物流業界は、人手不足の深刻化により「物流危機」に陥る恐れが指摘されています。
    NTTロジスコはトラック運賃や倉庫作業員の人件費上昇、また今後の環境変化を先読みし、IoT、AI、ロボティクス等の新技術を用いた省人化、共同配送等のシェアリングサービス等にいち早く取り組み、リソースを最大限に活用できる最適な物流環境をお客様に提供します。

TOP